とある乙女の裁量決済(ロスカット)
最近はトレードするよりEAをいじっているほうが楽しいような気がするのよねっっ・・(/ω\)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは大丈夫?MT4の盲点「ヒストリーデータの歯抜け」

あなたは大丈夫?MT4の盲点「ヒストリーデータの歯抜け」

EAが本来意図した位置でポジションを持ってくれない場合、ヒストリーデータの歯抜けが原因ってことが結構あります。そうなると意図したトレードが行われない可能性が大。

MetaTrader4はログイン時に過去のチャートデータを補完しようとするのですが、不規則なログインを行ったりチャート表示を頻繁に切り替えたりしますとチャートデータに抜けが発生することがあります。
そのため、EAを動作させる前には、必ずチャートデータを完全なものにする必要があります。ログインだけでは十分に修正はされないのですね。

特に某E○Cとかは1つのチャートしか開いていないのに、さらに表示していないチャートの足までを見ているわけですから、表示していないチャートは必ず開いて補完しないといけません。
「えー?」とか思われた貴方は、試しに現在EAが使っている通貨ペアを次の手順によって更新してみてください。

修正するためにはまずMetaTrader4上で動いているEAが使っている通貨ペアのチャートを開いて、メニューの[チャート]→[周期設定]で時間足を1分足にします。
そして開いているそのチャートの上で右クリック→[更新]をクリックします。

この作業を1分足から月足まで全ての時間足、使用している通貨ペアで行います。

この時に操作履歴タブをクリックして表示させておくと、

2011.03.05 21:07:41 HistoryCenter: synchronize 'NZDUSD1'
2011.03.05 21:07:44 HistoryCenter: 1264 bars imported in 'NZDUSD1'

といったように抜けていたバーが補完されるのがわかりますので、とりあえず驚いてくださいねっ


なお、ライブで使うMT4ではメモリを消費しちゃいますので[チャート]タブの一番下から2番目の「ヒストリー内のバーの最大数」はその下の「チャート表示バーの最大数」と共に1000くらいの数値で十分です。


これでやっと正常にトレードが出来るようになるのですが、いかんせん、全チャートを1分足から月足まで更新するなんて面倒すぎますので(汗)、ここにスクリプトを置いておきます。
http://www.4shared.com/file/SEwp3-jM/UpdateHistory_MTF.html

作成にあたってfaiさんのSendKeysスクリプトを参考にしました。
http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100926/1285431179

このUpdateHistory_MTF.mq4を
C:\Program Files\お使いのMT4 フォルダ\experts\scripts
の中に入れてMT4を起動してください。
ナビゲーターのscriptsの中に「UpdateHistory_MTF」がありますのでダブルクリックします。

そうしますと、現在該当のMT4で開いているチャート全部を次々に
1分足チャート設定→5分足更新→15分足更新→30分足更新→1時間足更新→4時間足更新→日足更新→週間足更新→月足更新→15分足チャート

とポコポコ自動でやってくれます。
環境に応じて修正はご自由に。

Catherine

今回特別出演の"由ちゃん"のコミPo!はこちらっ⇒由納言さん
http://yoshinagon.blog135.fc2.com/blog-date-201102-9.html

三日坊主

きゃさりんにっき 完 

おしまい 

Catherine
EAフォワードテスト結果

今週はFOMCで振り回されました(涙)。
FOMCでも、政策金利は発表が27日4:15でしたが、ニュースで流れて売買するまでにはタイムラグがありますので、実際に動くのは30分後から1時間後ぐらいの時が多いようです。
ATRが拡大して、ほとんどの通貨で取引した結果、私の朝スキャルピングEA群での当日のポジションは合計32ポジションでした(驚)。相当なロット数です(汗)。

さて、期待の迷作EA "Lance of Longinus" です。
Lance of Longinus
。。。ちょっと修正して引き続き見ていきたいと思います。

Catherine
EAフォワード

EAフォワード

今週の収支と来週からの計画です


現在私は18通貨でトレードしていますが、今実験中のスキャルピングEAのロジックがうまくいくようでしたら再来週あたりから入れ替えを考えています。
ロジックはGBP、AUD、CAD、CHFでの3通貨ペア、時間分散戦略です。
きゃさりんにっき
この時間分散戦略についてはfaiさんの説明が一番わかりやすいです。
http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20101126/1290701203
時間分散って言ってもシグナルが出てから一定時間毎にロットを分けていくのではなく、あくまでも朝スキャルピング戦略の中において1分足のクローズ毎に判断をして、その時点でシグナル継続ならば続いて建玉、もしもその時点で反転したシグナルが出たならば逆のポジションを取っていくようにしてみました。
来週はとりあえずデモフォワード行ってみますっ(*/∇\*) !

バックテスト結果(3通貨ペア)
このグラフを合わせるとこんな感じ。
3ペア合算グラフ(皮算用(笑))

うーん、3通貨とも1年間バックテストではとっても優秀なんですけど(もちろん朝スプレッド換算ね)、・・・うまくいけばいいナ。
困ったちゃんのFXDDヒストリカルデータ(その4)

困ったちゃんのFXDDヒストリカルデータ(その4)

おしまい


Catherine
困ったちゃんのFXDDヒストリカルデータ(その3)

皆さんMT4のバックテストは正しいデータでやっていますかっ?

私はスキャルピングEAを使った検証では、FXDDがバックテスト用にデータを提供しているブローカーとしてバックテストとライブ取引の差が少なくとても重宝しているのですけど、そもそも今回のような全くあてにできないデータの部分があるわけなのです(汗)。

さて、通常MT4ユーザーが行うバックテストにおきましては、MT4の「History Center」からメタクオーツ社のデータをダウンロードして行うことが一般的だと思います。

ただ、このデータはスキャルピングEAのように僅かな値幅を利益にするタイプのEAでは実はほとんど参考になりません

このメタクオーツ社のデータが信頼できれば一番いいのですが、よく言われているのが2006年10月前のデータが全く使えないという問題です。

この2000から2007のMT4でダウンロードできるヒストリカルデータに信頼性がないという話はこちらで詳細をみることができます。

ヒストリカルデータの落とし穴
http://projectv-japan.sblo.jp/article/41941643.html
ヒストリカルデータの謎

http://bonansa.blog47.fc2.com/blog-category-10.html


たしかにこれではバックテストを信頼したスキャルピングEAを作ること自体無意味になってしまいますよね。

また、このことは悪用できますから、逆に好成績のEAを作ることだって簡単にできてしまいます。だってコード内で記述するだけですものね。
困ったちゃんのFXDDヒストリカルデータ(その3)


上記できゃさりん大喜びの Russian REVERS EA のDLはこちらっ

その4に続きます。

Catherine


プロフィール

Catherinefx

Author:Catherinefx
きゃさりんと申します。
MetaTrader4のEAを使って、FXのシステムトレードをしています。
何年もEAと向き合ってきて、やっと安定した収支が見込めるようなシステムを組むことができ・・・・・たのかなぁ(汗)。
アフィリエイトとかはするつもりは全くありません。
Twitterはこちら。
http://twitter.com/Catherinefx

経済指標を発表前に教えてくれるという広告ナシの私のデュエルアバターのTweetボット「指標少女」(@sihyou_bot)もよろしくです♪
http://twitter.com/sihyou_bot


最新記事


月別アーカイブ


訪問者数


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。